banner

banner

5月15日(日) 沼津市民体育館

 

第6回静岡空手トーナメント 東海・南関東空手道選手権大会

小学4年生男子上級の部  優勝 中澤拓海
シニア重量級の部  準優勝 笠原圭介

 

5月1日(日) 戸田スポーツセンター

 

2016全日本ウエイト制空手道選手権大会

軽重量級  三位 徳永稜也
埼玉県比企支部の山田武史支部長の下で、100回稽古を行い、一段と上手になった温音ちゃん、型・錬成大会よりはるかに上達して、初優勝に輝きました。

 

 

高校生チャンピオンの稜也、初めての一般の全日本大会出場期待されすぎたが、胸骨の怪我があまり良くないせいもあって、準決勝戦で、世界大会代表の上の選手に敗れたが、三位に入賞しました。

型部門の優勝者がそろって、演武を行いました。

東海温音5級

5月1日(日) 

 

2016全日本青少年空手道選手権大会・型 

小学3年生女子の部  優勝 東海温音
埼玉県比企支部の山田武史支部長の下で、100回稽古を行い、一段と上手になった温音ちゃん、型・錬成大会よりはるかに上達して、初優勝に輝きました。

 

 

 

2016全日本青少年空手道選手権大会・型 

国際壮年大会・46歳以上・重量級   三位 行川 健
連星大会では優勝経験はあるが、全日本大会でなかなか結果が出せなかった、行川初段は、 2月のKWFでの敗戦をバネに稽古を積み上げて、ついに全日本大会初入賞いたしました。

4月30日(土)戸田スポーツセンター 

 

2016全日本青少年空手道選手権大会

 

小学5年生女子・重量級  準優勝 佐竹実優
昨年は、準決勝戦で敗れた前回チャンピオンと決勝戦での対決去年よりパワーアップしましたが、あと一歩及ばず、準優勝でした。

3月6日(日)大森スポーツセンター

 

 

春季審査会

 

東京神奈川地区・合同審査会が行われました。基本稽古、移動稽古、型、組手の審査です。
上級者は、厳しい指摘を受けました。

3月13日(日)岩槻総合体育館

 

 

春季全関東空手道錬成大会

 

小学5年生女子上級・重量級 優勝 佐竹実優 
中学1年生女子・軽量級 三位 新井理桜  
実優は大会4連覇です!!

小学6年生男子上級・軽量級 三位 オベボ・ジョウ
 中学2年生男子・重量級 準優勝 谷口翔英

2月7日(日)千葉県流山総合体育館

 

 

型競技錬成大会

 

小学2年生女子・初級の部 三位 東海温音
小学3年生男子・上級の部 三位 中澤拓海

 

2月21日(日)東工大

 

 

2016年 広重道場杯 青少年団体戦

 

城南品川支部から、1年生から6年生までの6人一チームが、3チーム出場しました。
昨年は準優勝だったので、勿論、優勝を狙いました。
接戦の末、Aチーム、Bチームが決勝トーナメントに進みました。
ここでも大接戦!引き分けのため、旗の数も同点、チームの総合計体重差で惜しくもAチーム準決勝で敗退。 3位決定戦では、2勝2敗1分けで大将戦。6年生大将の理桜が上段回し蹴りを決めて見事に三位入賞しました。

2月28日(日)千葉ポートアリーナ

 

 

ユーラシアオープン ・ KWF国際親善空手道選手権大会

 

KWF主催のこの大会に、城南品川支部、後援会長の
神戸英二郎二段がマスターズに出場し、見事に三位に輝きました。
仕事の合間に、道場に来て、ほぼ毎日稽古を続けた賜物です!